業界レーダー 法律等

児童自立支援施設やその他更生施設等での実態&事件を暴露・アーカイブするサイト。職員の暴力やその他被害などの情報を皆様の投稿で綴ることを目的としております。

【知らなかったでは】無法者の児相と児童自立支援施設の 職員の犯罪行為に抵触する法条文集 Part2【済まされない】

前回に引き続き、今回は前回掲載できなかった憲法の部分を追補した上で
無法者児童相談所児童自立支援施設の職員の身分関係や懲戒等の
処分を明記した地方公務員法の条文を掲載します。
前回に引き続き、思い当たる問題職員にはしっかり読んで反省をして
欲しいと思います。

そして、拉致や施設職員の暴力等の被害にあわれている方は
法的に対抗する上での参考資料としてお使い下さい。

尚、地方公務員法で「条例で定める」の項目につきましては、東京都の例を
リンクしておきますが、他府県の方はGoogleなどで検索を行って下さい。
赤字の部分は筆者が重要な箇所として皆様に覚えておいて頂きたい箇所です。

東京都の地方公務員法に基づく条例等の部分(こちらをクリックしてご覧下さい)




憲法
第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

   2  すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

   3  公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

   4  すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、
      その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第16条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は
     改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願を
     したためにいかなる差別待遇も受けない。

 
第17条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定める
      ところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。


第38条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

   2 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の
      自白は、これを証拠とすることができない。



地方公務員法

(降任、免職、休職等)
第28条 職員が、左の各号の一に該当する場合においては、その意に反して、
    これを降任し、又は免職することができる。

    1.勤務実績が良くない場合
    2.心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合
    3.前2号に規定する場合の外、その職に必要な適格性を欠く場合
    4.職制若しくは定数の改廃又は予算の減少により廃職又は過員を生じた場合

  2 職員が、左の各号の一に該当する場合においては、その意に反してこれを
    休職することができる。

    1.心身の故障のため、長期の休養を要する場合
    2.刑事事件に関し起訴された場合

  3 職員の意に反する降任、免職、休職及び降給の手続及び効果は、法律に特別の
    定がある場合を除く外、条例で定めなければならない。

  4 職員は、第16条各号(第3号を除く。)の一に該当するに至つたときは、条例に
    特別の定がある場合を除く外、その職を失う。


(懲戒)
第29条 職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、
      減給、停職又は免職の処分をすることができる。
    1.この法律若しくは第57条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、
      地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合

    2.職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合

    3.全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合



(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第32条 職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び
      地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に
      忠実に従わなければならない。


(信用失墜行為の禁止)
第33条 職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような
      行為をしてはならない。


(秘密を守る義務)
第34条 職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、
      また、同様とする。

   2 法令による証人、鑑定人等となり、職務上の秘密に属する事項を発表する
      場合においては、任命権者(退職者については、その退職した職又はこれに
      相当する職に係る任命権者)の許可を受けなければならない。

   3 前項の許可は、法律に特別の定がある場合を除く外、拒むことができない。

(職務に専念する義務)
第35条 職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び
      職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体が
      なすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。



【知らなかったでは】無法者の児相と児童自立支援施設の 職員の犯罪行為に抵触する法条文集【済まされない】

これらの法条文の抜粋は無法者の児童相談所児童自立支援施設
犯す犯罪にあたる行為についての関係法律条文をまとめたものです。
思い当たる問題職員はしっかり読んで反省をして欲しいと思います。
そして、拉致や施設職員の暴力等の被害にあわれている方は
対抗する上での参考資料としてお使い下さい。

憲法

第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、
      その意に反する苦役に服させられない。

第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

  2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を
     受ける権利を有する。

  2  すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を
     受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

第35条 何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることの
     ない権利は、第33条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、
     且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。
 
第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。


刑法

(信書開封)
第133条 正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、1年以下の懲役又は
       20万円以下の罰金に処する。

(公務員職権濫用)
第193条 公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の
      行使を妨害したときは、2年以下の懲役又は禁錮を処する。

(傷害)
第204条 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

(現場助勢)
第206条 前2条の犯罪が行われるに当たり、現場において勢いを助けた者は、自ら人を
      傷害しなくても、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。

(同時傷害の特例)
第207条 2人以上で暴行を加えて人を傷害した場合において、それぞれの暴行による
      傷害の軽重を知ることができず、又はその傷害を生じさせた者を知ることが
      できないときは、共同して実行した者でなくても、共犯の例による。

(暴行)
第208条 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役
      若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

(脅迫)
第222条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して
      人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

(強要)
第223条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、
      又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害
      した者は、3年以下の懲役に処する。

(名誉毀損)
第230条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無に
      かかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

(侮辱)
第231条 事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する。

(信用毀損及び業務妨害)
第233条 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又は
      その業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の
      罰金に処する。

(強盗)
第236条 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、
      5年以上の有期懲役に処する。

(強盗致死傷)
第240条 強盗が、人を負傷させたときは無期又は6年以上の懲役に処し、
      死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

(業務上横領)
第253条 業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、
       10年以下の懲役に処する。

犯罪による収益の移転防止に関する法律

第四条 特定事業者(第二条第二項第三十九号に掲げる特定事業者
     (第八条において 「弁護士等」という。)を除く。以下同じ。)は、
     顧客(同項第三十五号に掲げる特定事業者に あっては、利用者たる顧客。
     以下同じ。)又はこれに準ずる者として政令で定める者(以下「顧客等」という。)
     との間で、次の表の上欄に掲げる特定事業者の区分に応じ、それぞれ
     同表の中欄に定める業務(以下「特定業務」という。)のうち同表の下欄に
     定める取引(以下「特定取引」という。)を行うに際しては、運転免許証の提示を
     受ける方法その他の主務省令で定める方法により、当該顧客等について、
     本人特定事項(当該顧客等が自然人である場合にあっては氏名、住居
     (本邦内に住居を有しない外国人で政令で定めるものにあっては、
     主務省令で定める事項)及び生年月日をいい、当該顧客等が法人である
     場合にあっては名称及び本店又は主たる事務所の所在地をいう。
     以下同じ。)の確認 (以下「本人確認」という。)を行わなければならない。
      詳細リンク

理容師法

第6条 理容師の免許を受けた者でなければ、理容を業としてはならない。
     罰則:30万円以下の罰金

美容師法

第6条 美容師でなければ、美容を業としてはならない。
     罰則:30万円以下の罰金

児童福祉法

第33条の10 この法律で、被措置児童等虐待とは、小規模住居型児童養育事業に
        従事する者、里親若しくはその同居人、乳児院、児童養護施設、
        知的障害児施設等、情緒障害児短期治療施設若しくは
        児童自立支援施設の長、その職員その他の従業者、指定医療機関の
        管理者その他の従業者、第12条の4に規定する児童を一時保護する施設を
        設けている児童相談所の所長、当該施設の職員その他の従業者又は
        第33条第1項若しくは第2項の委託を受けて児童に一時保護を加える
        業務に従事する者(以下「施設職員等」と総称する。)が、委託された児童、
        入所する児童又は一時保護を加え、若しくは加えることを委託された児童
        (以下「被措置児童等」という。)について行う次に掲げる行為をいう。

          1.被措置児童等の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある
            暴行を加えること。

          2.被措置児童等にわいせつな行為をすること又は被措置児童等を
            してわいせつな行為をさせること。

          3.被措置児童等の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は
            長時間の放置、同居人若しくは生活を共にする他の児童による
            前2号又は次号に掲げる行為の放置その他の施設職員等としての
            養育又は業務を著しく怠ること。

          4.被措置児童等に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応その他の
            被措置児童等に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。

第33条の11  施設職員等は、被措置児童等虐待その他被措置児童等の心身に有害な
         影響を及ぼす行為をしてはならない。

第33条の12の3 被措置児童等は、被措置児童等虐待を受けたときは、その旨を
           児童相談所、都道府県の行政機関又は都道府県児童福祉
           審議会に届け出ることができる。
震災義援金募集/被災地総合情報/電力予報
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

東北太平洋沖地震まとめプロジェクト

計画停電エリアを郵便番号で検索

プロフィール

業界のフォーカスマン

Author:業界のフォーカスマン
業界レーダへようこそ
一般人が知らない
「児童相談所」
「児童自立支援施設」
「その他更生施設」
業界の実態を
ノンフィクションで
お届けします。

本ブログを官庁営業の商材として
使用することを禁じます。
著作権者・業界レーダー編集部


English
(automatic language By Google)


     業界レーダ規制情報
 アダルトなどの迷惑 書き込みは
 ご遠慮下さい。
 発見次第、即刻削除と発信元
 ホストとIPを規制情報で
 公開します。


ドメイン/IP総合検索
JPNIC WHOIS検索
IPひろば     
QRコード(最新情報をGET!)
QR
FC2カウンター
カレンダー
  01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

公用回線ウォッチャー
   随時更新中です。


  ・公用回線ウォッチャー

公用回線での違法閲覧はご覧の
動画の通り監視されております。


編集部直通FAX
03-6740-1820
投稿専用フォームPDF 

お問い合わせメールフォーム

!警告!
ホストネームを隠してIPアドレス
のみでのアクセスについて
当編集部ではJPNIC等の
調査機関においてアクセスIPを
毎日チェック及びIP照会をして
おりますのでご注意下さい。

著作権者・業界レーダー編集部


編集部直通メール
gyokaiscoop★gmail.com

お願い:SPAMメール防止のため、送信時は
★を@に直してから送信をお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
記事ワード検索
年度・ジャンル一覧
Edita Yahooログール ザッピング
FC2ニュース&天気予報
  
FC2レンタルサーバー


-天気予報コム- -FC2-
ワードタグ

> tags
紛失 栃木県 平成30年 県北児童相談所 通知書 児相 児相被害を撲滅する会 予備セッション 児童相談所 国連 ジュネーブ スイス クラップマン教授 ベルリン ドイツ さいたま地裁 訴訟 公判 埼玉県 裁判 心理的虐待 国立きぬ川学院 厚生労働省 少女 8月22日 平成29年 さくら市 ほうき 募集 代替報告書 国連子ども権利委員会 招待状 家庭破壊促進ダイヤル 宣伝 電柱看板 愛知県 愛知県教育委員会 密告 ご用始め 11月 欠陥 ノルマ 拉致 東京都 啓発CM 強化月間 子ども 税金のムダ使い 児童 拉致ノルマ強化月間 OSEKKAI 公証人 教育虐待詐欺 公証役場 詐欺 中学受験 日付確定印 資産価値 重要事項説明 下落 移転 改築 建設 一時保護所 浪費 設備 税金 千葉県東上総児童相談所 外車 千葉市児童相談所 千葉市 千葉県中央児童相談所 千葉県 拉致報奨金 7月 CM 8月 東京地裁 設置 茶番劇 第三者機関 選任権 栃木県中央児童相談所 付添人弁護人 告知せず 勧告 栃木県弁護士会 神奈川県 横領 刑法253条 横浜市 横浜市北部児童相談所 業務上横領 手記 明治大学 福岡県 朗読 YouTube 4月23日 学習会 児相問題 広瀬正幸 埼玉学園 誠明学園 羽月ちゃん殺害事件 伏魔殿 所沢児童相談所 前川広宇見 児童自立支援施設 田口正治 実態 養護施設 国立武蔵野学院 北海道 札幌市児童相談所 藤巻俊幸 男児 わいせつ 札幌市 非常勤職員 田尻克已裁判官 違法 市毛伸一郎 平成28年栃木県 栃木県立中央児童相談所 大麻 所持 職員 平成29年度 リスト 加速 通達 大阪府 大阪市 高層マンション ジーニス大阪 新設 神奈川県立津久井やまゆり園 殺人 社会福祉法人かながわ共同会 植松聖 平成28年7月26日 京都府 京都市 監禁 平成26年 わかば 社会福祉法人若葉会 鳥取県立鹿野かちみ園 鳥取県 人権侵害 鳥取県厚生事業団 20年 法務省 横浜刑務所 売春 法務技官 逮捕 窪田駿輔 暴力 子どもライフサポートセンター 修徳学院 平成28年 熊本地震 お見舞い 淫行 河合弘樹 阿部宏之 千葉県立生実学校 千葉県健康福祉部 校長 次⻑ 萩山実務学校 問題職員MU 転属 江東児童相談所 毎日新聞 デキレース 児童相談所全国共通ダイヤル 減少 むさしの福祉会 府中市 冥賀秀親 冥賀正雄 長谷川次郎 東京都福祉保健局 SEO 公用回線ウォッチャー 業者 Google 順位操作 ネット工作員 公判情報 年始のご挨拶 年末のご挨拶 インヴェガ 医療ネグレスト ストラテラ エビリファイ 広汎性発達障害 ADHD リスパダール 向精神薬 虐待 所持品検査 相模原市児童相談所 平成27年 相模原市 抗議 専門委員会 入所 年齢 20歳 引き上げ 施設 痴漢 南川貴俊 懲戒免職 大阪府迷惑防止条例 大阪府立修徳学院 松浦弘和 迦陵園 施設長 理事長 社会福祉法人 加藤美子 Facebook 閉鎖 筋トレ コザ児童相談所 沖縄県 前川英伸 強要 新宿区 子供家庭センター 暴露 報道 柳信介 暴行 下関市 ビデオ 社会福祉法人開成会大藤園 平成26年2月12日 録画 山口県 若年ホームレス ヒューマンライツウォッチ 人権 アルジャージーラ 社会的養護 育てられない子どもに家庭を!里親連絡会 人事異動 石山俊裕 接見妨害 井上侑 接見交通権 東京都立萩山実務学校 刑事訴訟法39条 弁護士 多摩児童相談所 鈴木英敬 業界レーダー 閲覧攻撃 連続 悪質 公用回線 辞任 1回当たりの閲覧攻撃数が多い 三重県 江角義男 東京地方裁判所 19歳 暴言 勝訴 虐待詐欺 歯科医 歯科治療 DV詐欺 児童虐待防止推進月間 記者会見 南出弁護士 内海聡 問題 日向ぼっこ ヒューマン・ライツ・ウォッチ 社会福祉法人東京都社会福祉事業団 石神井学園 河田雅輝 中間報告書 穴掘り虐待 福岡学園 福岡県立福岡学園 法務教官 湊泰将 茨城農芸学院 少年院 ヤラセ 藤田麻友 喫煙 奈良県立精華学院 2014年 精華学院 寮長 傷害 高知県立希望が丘学園 高知県 中学3年 男子 規制 カット 薬漬け 減額 診療報酬 マインドコントロール 問題職員MT 洗脳 老人 たんぽぽ 老人介護施設 スーパー問題職員YA 山澄正康 元旦 ごあいさつ 年末 ご挨拶 2013年 FAX 節電 変更 スマートフォン 03-6740-1820 小平児童相談所 薬害 豊岡敬 水越隆 浅野隆良 小平児相 情報 開催 猪瀬直樹 東京 知事 オリンピック キャンペーン 防犯 呼びかけ タブー 性教育 不祥事 臭い物にはフタをしろ 愛媛県 愛媛県立えひめ学園 大森康隆 えひめ学園 わいせつ事件 アリスとテレス 延寿会 医療法人社団友志会 社会福祉法人延寿会アリスとテレス 町田洋輔 改善勧告 江東区枝川三3-6-9 枝川幼稚園 墨田児童相談所 03-3640-5432 被害者 東北地方太平洋沖地震 施設内暴力・虐待 2メートル 穴堀り 小寺高文 お役人 施設内 社会問題 追放 刑法234条 99条 威力業務妨害 幼稚園児以下 国家公務員法 101条 阿武山学園 大阪市立阿武山学園 児童福祉法33条の10 年始のあいさつ 年末のごあいさつ 福祉保健局 自立支援課生活係 B4 男子4寮 ハイパー問題職員AS やけど 提訴 終了 あし@ 登録替え サービス Editaコミュニティ 損害賠償 償い 地方自治体 福島第二原子力発電所 節電キャンペーン 酒気帯び運転 現行犯逮捕 高野哲夫 知的障害者 しらねの里 刑法178条 社会福祉法人白根学園 自殺 平成23年 大阪府立ライフサポートセンター 威嚇 書類 偽造 福岡市こども総合相談センタ 措置延長 児童相談署 審判書 羽田野盛仁 福岡市こども総合相談センター 浅野 :滋賀県立淡海学園 職員採用試験 試験問題漏洩 警告書 公益財団法人東京都農林水産振興財団 1周年 懲戒処分 公益財団法人東京都道路整備保全公社 NHK できるかな 性器 チ〇ポ 風呂場 小便 公表 被措置児童等虐待事案 警官OB 司法捜査権 連携 警察 飲酒運転 宮本健司 検挙 仙渓学園 和歌山県立 裁判所 令状なし 捜査 脅迫 今村里佳 たかり 生徒宅 おすし 見回す 家宅侵入 交換 物色 NPO法人 逃げ とぼけ 統計 中傷 誹謗 進路指導 聾学校 低学歴 虐待東京都における児童養護施設等退所者への 低収入 東村山市 東村山市教育委員会 法的手段 陸上自衛隊 みつわ台 お礼参り 若葉区 武山駐屯地 株式会社ゆりかもめ 東京臨海ホールディングス 依怙贔屓 AS 親権停止 民法改正 岡山県 網谷清隆 前田信一 問題職員AM 問題職員MA 平成20年 室蘭児童相談所 吉田一夫 2011年東北地方太平洋沖地震 違法アクセス 不謹慎 個人 ブログ 閲覧 兵庫県 姫路市 姫路市教育委員会 秋田県教育委員会 東京都生活文化局 石原慎太郎 サーバ障害 業界スコープ 復旧 FC2 緊急メンテナンス 施設内暴力 個人情報 養子 震災 誘拐 計画停電 2011年 見合せ 編集部直通FAX 三陸沖地震 岩手県 抗議声明 江戸川区教育委員会 江戸川区 江戸川区役所 第一寮 暴行傷害 評論社 教育棄民 大樹 歪曲 捏造 偽装 卒業文集 法務局 昭和33年 高際? 集団暴行 嫌がらせ B1 地上げ屋職員YA 野口千寿 問題職員NO 矢島洋 MT 林文子 山口健太郎 手塚誠 プリントごっこ AM 五十嵐住久子 イ〇ジュウ バリカン 百人一首 小貫英男 新井豊 差別 山田恵美子 島田淳 刑法230条 志渡係長 経理部 SI 名誉棄損 イヤミ発言 大澤テツ子 味噌パン 拳法 反対 カリヨン 子ども家庭総合センター(仮称) 窃盗 信書開封 没収 刑法236条 刑法235条 少年院法 刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律 刑法133条 アクセス規制 強化 サーバ復旧のお知らせ 医師法17条 8t限定中型自動車運転免許 医師法 中型自動車 東京都公安委員会 デッチ上げ 寮費 生訓費 不当 使途不明金 弁償金 尾鷲市 スキカル ナショナル 警告 DV詐欺 足立児童相談所 視察 静岡裁判 長妻厚生労働大臣 足立児相 0570-064-000 デキレース報道 ノルマ達成 津守順三 彦根子ども家庭相談センター 滋賀県 男児(13) 創設 東京都総務局 処分 掲載妨害 プロテクト&ロックアウト 卒業アルバム 国立市立第二中学校 脱走 生活 卓球台 畜生 在籍校連絡会 掃除 トイレ 柴田京子 矢野麻子 生活文化スポーツ局 都民生活部 東京ウィメンズプラザ 61.208.157.130 男性職員3名 石川俊一 静岡県立三方原学園 色神検査 就職斡旋 つねる 村山工場 日産自動車 立川バス 問題職員OS 大西進 進路指導のとぼけ 問題職員ネットワーク 安藤立美 61.120.205.101 東京都公用回線 平倉秀夫 押元洋 來山 昌敬 東村山ナーシングホーム 辰田雄一 岩田久 御代田久実子 刑法204条 34歳男性職員 こども家庭センター 4名 げんこつ 前田誠次 神戸市立若葉学園 中学生 小沼康夫 男子1寮 関岡武次 突き 剣道 問題発言 B7 不謹慎発言 B5 永沢俊之 問題職員NA 学習指導要領 改正 懲戒権 民法 アクセスログ 検索 改造 刑法260条 建造物損壊 民家の石塀に落書き 缶スプレー ダンゴウ 大浪和彦 反省生活 木内 400回 廊下拭き 延着 審議 屋外で生活させる 斎藤久美子 小澤 山崎 大野則一 男子6寮 外川美名子 SM 男子7寮 殴打 テニスラケット 高橋幸成 立川児童相談所 宮田雅代 福祉係長 小林弘和 ダンプ伊〇 憲法 地方公務員法 無法者 理容師法6条 伊藤智子 サンドバッグ 学校しない競技指導の手引き 高知県立 希望が丘学園 山本純一 任意同行 愛知学園 神奈川県知事 松沢成文 神奈川県立おおいそ学園 陳謝 B8 眉毛を剃る 男子8寮 髭〇 ゲ〇マン 男子2寮 B2 NI 佐藤恵美子 西田稔 Java 規制情報 OFF Ninjaツール 不正接続 ウィルス 田無市向台町4-1-11 昭和63年10月17日 夜尿症 江角 大瀬館 SPAMメール 迷惑メール NGワード YahooJapan 迷惑メールフィルター 迷惑メール防止法 ナビダイヤル NTT 鹿児島県立 牧ノ原学園 無断外出 麻生昇扶 若駒学園 職員7名 生徒(13)死亡 B3 UE 男子3寮 富士急ハイランド 署名捺印 承諾書 誓約書 脅し 大阪市立 高槻市 鼻を陥没させる 刑法 児童福祉法 理容師法 美容師法 特別公務員暴行陵虐 広島少年院 向井義 2009年8月11日 静岡県 震度6 地震 暴走 公道 時速160Km/h 法を法でジャッジさせる 証拠保全 静岡市児童相談所 犯罪による収益の移転防止に関する法律 殺人未遂 故意に沈める プール 萩山 江角義雄 措置費 七夕 ユーキ〇ン 職員の飲酒 ダ〇プ伊〇 タイガーバーム 問題職員NI 田原克剛 誠明 松本大輔 菅原陽 野畑勝也 洗剤 産業廃棄物 剣道部 日産ラルゴ 中央児童相談所 市村好弘 児童虐待対策室長 ラーメン店 タダ働き 労働基準法違反 蹴り 兼井孝政 白石剛士 兵庫県中央こども家庭センター 明石市 被害届 男児(8) 秋田県 千秋学園 森元悠介 尻に熱湯 教護院 秋田県立千秋学園 秋田市新屋寿町 神奈川県青少年保護育成条例違反 土井垣仁 横浜家庭学園 わいせつ行為 幼年保護会 静岡地裁 整備作業 業界スコープ掲示板 創刊 江〇 浅〇 〇沢 鼓膜破裂 リンチ ズラ 犬の餌 サニー ジェミニ クラッチ 白棒 過酷 罰マラソン 〇長 中井PA 東名高速 バス Ch 千葉勇 告発 リンク アーカイブ 男子寮の略号 記事検索 女子寮の略号 多摩川河川敷 羽村市 教室の床をなめさせる 職員YO お調べ 横山芳春 ケツ竹刀 小学部 職員室 TE AK 三浦晋司 宮崎光司 山梨県立甲陽学園 G1 TA MH 無限マラソン 水飲み場 中学部 クレンザー 歯を磨かせる 踏みつける コンクリート 身体検査 勧誘詐欺 プリントゴッコ 西新井児童相談所 パンツ・靴下の洗浄 年始 地方公務員特別陵逆罪 理髪 バリカン公衆衛生法 東京都の同和問題CM 白井邦裕 強制わいせつ 走行中の電車内 小田急電鉄 不謹慎書き込み問題職員MA 洗剤荒れ カゼ 強制マラソン 地上げ行為 高橋恵美子 広域指定暴力団 ゴマすり 一緒に寝ようか 問題職員IJ 女子3寮 わいせつ発言 G3 覗き 着替え 女子2寮 問題職員SU G2 半〇 体育館 WA イ〇モツ 福祉部 IS 更衣室 書き逃げ 静岡nifty ADSL B6 問題職員SA SA2世 219.116.51.108 開設 猛獣使い パンツ・靴下洗浄 暴露本 磯野健太郎 男子5寮 SU 被害者が加害者 往復ビンタ 瀬田一夫 SE 濡れ衣 筆跡鑑定 自白の強要 自在ほうき 強制入部 悪用 規制緩和 那須学園 栃木県立那須学園 40℃ IM(旧姓・KA) 大雪 小学生に20Km 42.195Km MA YA ガ〇バー ウィルコムPHS アクセス監視 不謹慎書き込み 通知メール 渡り合う 児童虐待 PHS 來山昌敬 東京都知事 東京都公用回線アクセス情報(業界レーダー)

リンク
アクセス解析




RSSリンクの表示